まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
協議会(3):会議における意見収集
 会議というものは大抵2時間程度で運営されます。
 協議会の人数程度なら全員発言することもできますが、数十人規模の会議になりますと、せいぜい10~20人ほどしか発言できません。しかも、会議を自分の思う方向に引っ張っていこうとする強引な人がいたり、ポイントをはずれた意見を長々と述べる人がいたりすると、人々の意見収集は容易ではありません。
 会議というのは、本当に意見交換の場なのでしょうか?意見をやりとりしながらその場で合意を形成していくべきものなのでしょうか?改めて考えてみる必要があると思われます。

 会議の初期の段階には、様々な意見の収集が重要になると思われますが、そうした場合には、ワークショップの方法がなかなか役に立つものです。協議会委員はそれなりに自負をお持ちだと思いますから、子どもにやらせるような方法には抵抗があるかもしれませんが、やり方を工夫すれば結構効果的に意見収集を図れるものです。

 先日の協議会では、「街のイメージ」づくりのために委員が持っているイメージを提供してもらうため、私は、各委員の手許にポストイットを用意してもらい、数分の間に各自のイメージを書き出してもらってから、議論に入るという方法を採用しました。
 こんな方法を採用したのは、通常の会議ですと、他の人が意見を言っている間は、なかなか自分の考えをまとめることができませんし、他の人の意見に引きずられてしまうこともあって、多様な意見を収集することが難しいからです。
 メモがあれば、自分の意見を整理して述べることもできますし、当初の自分の考えをそのまま述べることができます。しかもこのメモは、会議の記録にも、会議の結果をKJ法的にまとめていくことにも役に立つことになるわけです。

 もし、会議の人数が多数になってしまう場合は、1グループが10人程度になるようにグループ分けをし、同様の方法で、グループ毎の意見の一定のとりまとめを行い、それを発表するような方法をとれば良いわけです。

 こうした方法は、ワークショップと呼ばれる方法を一般の会議に応用しようとするものですが、このように、ワークショップは多数の意見を、対立関係や強引な囲い込みがなく収集するのに効果的だと思います。

 ところが、最近、ワークショップ方式を標榜して、住民の考えとしての結論まで導こうとする進め方が度々見られるようになりました。
 それに対しては、「ワークショップ方式をそこまで広げるのには、両手を挙げての賛同はしかねる。」というのが、私の意見です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/28(水) 18:04:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。