まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「都市美」西村幸夫
 今回は、「都市美」都市景観施策の源流とその展開(西村幸夫編/学芸出版社)のご紹介です。

 朝日新聞でしたか、松原隆一郎氏(東京大学社会経済学教授)が次のような書評を書いています。

「13人の専門研究者が、欧米8カ国と日本について都市の美観政策の系譜をたどった論文集である。こうした形の企画は学術関係では無数にあり、一般読者が通読して楽しめるものは少ない。ところが本書は厳密な論考の集積でありながら、出版自体に極めて戦略的な意図が籠められている。それに心惹かれる読者ならな、ページのあちこちで発見と驚きに出会うだろう。
(後略)」


 ついでに学芸出版社のHPには、次のように書かれています。

「景観基本法の制定、歴史的な町並みや建築物への関心の高まりを背景に、景観施策が大きく動こうとしている。我々は、都市美とは何か、美の施策はどうあるべきかを再度真摯に捉え直すべきではないか。欧米各国と日本の都市美理念の源流に遡り、美の公共性がいかに確立してきたかを振り返るとともに、これからのあり方を探る。 」



 景観問題は、私自身がその仕事の場を「建築設計」から「都市計画」に転じた直接的な契機ですから、無関心ではいられません。
#現在、風景画など描き始めているのは、こころのどこかに景観へのこだわりが残っているからでしょう。
 しかし、当時は、人々に景観意識は乏しく、また、都市計画業務に携わるようになっても、景観を直接デザインできる機会は殆ど無いまま過ぎていました。その間、諸外国の事例等を研究している景観研究者の論文を見ても、私はあくまでも実践の場でどう活かせるのかを考えていましたので、景観研究は研究者の自己満足程度の認識しか持っていませんでした。
 しかし、こうしてまとめられてみると、これまでの部分的な知識が総括されて頭がすっきりします。これは恐らくこうした書籍にすべく発想した出版社と編者である西村幸夫氏(東大都市工学科教授)に力が大きいのでしょう。特に西村氏の明快で論理的な文章にはいつも感心させられますが、本書も西村氏の面目躍如といった感じがします。
#景観研究はこうでなくちゃと思ってしまいます。

 しかしそれでも、景観問題は、いつも課題整理であったり今後の方策の試案や素描であったりして、いつまでたっても本題に踏み込めないままです。これまで、都市計画という場で、景観に係わってきた私としては、こうした「研究的な成果」と「現場」があまりにもかけ離れているのを考えざるを得ません。現在の環境では我々専門家(と思っているのですが)不十分な活動しかできませんし、諸条件が整うのを待つには私の年齢が待ちきれません。

 それでもなお、本書は、小難しい研究をまとめたものとしては、とても理解しやすいものになっていると思いますし、私自身も、これからの景観は、こうした方向しかないと思います。
 是非、多くの人に読んでもらいたい一冊です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。