まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
組織を立ち上げる
 まちづくりは、組織ができてそれが順調に動き出しさえすれば、後は何らかの動きを見せていくものです。この「組織づくり」が初動期の最も重要なところになります。

(1)最初が大切

 組織の立ち上げでは、その後を順調に動かしていくために、最初が大切になります。
 通常は、それまでリーダー・シップをとってきた人がそのまま組織運営の中心を担っていくことになるのですが、まちづくりの動きも様々ですから、自動的にそうなることが良いわけではありません。
#企業が地元に頼まれて動き始めることもないわけではありません。

 つまり、何らかのまちづくり組織(最初は「○○勉強会」などと呼ばれることが多いようですが…)の体制をつくることが必要になるのですが、特に、会長・副会長等の人選が重要になります。つまり、この方々が、関係する地区住民にきちんと認知された組織とすることができるかどうか、にかかっていると言っても過言ではありません。
 そのために、わざわざ地区の全体集会を開き、今後の進め方の説明等を行うとともに、そのような人選で良いかどうかを確認する手続きが必要になるのです。
#その方が、結果的に良かったということも多いのです。

 もっと、慎重に進めるのであれば、会長や会員の人選方法まで皆に問いかけることになります。

 先日の例は、地域住民の中に特殊な人がいて、その方が企業の動きを否定し、そして、自分だけの考えで勉強会を進めようと図ったということだったのです。
 その方は、それができるだけの事務能力と社会的な地位も備えていたので、地域住民からも特に反論が出ず、会議がその方の信じる方向に導かれてしまったということになったのです。しかし、それは(私が思うには)あまりにも偏った方向であって、必ずしも好ましいとは思えない方向であったということなのです。しかも、その方は最後までまちづくりを引っ張っていく考えはなく(ご自身も忙しくてそれができない)、自分の考えるメンバーでその会議が出来さえすれば良いと考えているようでした。
 このような会で良いかどうかは、私にははなはだ疑問なのですが、今のところ特に疑問を差し挟む人がいないので、とりあえず、それで進めるしかない状況になっています。



(2)メンバーの構成

 (仮称)勉強会とは決定機関ではなく、様々な方向を実質的に検討し、皆に図るための原案を作成することが求められます。
 また、会議の結果を皆に周知していくことも必要とされる筈です。
 したがって、メンバーを構成するために注意すべきこととして次のようなことが揚げられましょう。

・大げさな会議ではなく、自由な発言ができる人数→10~せいぜい10数人
・名誉職ではないので、実質的に動ける人
・できればそれぞれの地域にフィードバックできるよう、地域の代表となる人
・地域の人々の意見を聞きながら物事を進められる人

 こうしたメンバーの中から、最もリーダーシップを発揮できる、人望のある人が会長に選ばれることが望ましいでしょう。
 確固として信念を持っていることは重要ですが、それがあまりにも独善的な意見で皆を引っ張っていこうとする人は、会長には向かないと考えた方が良さそうです。

(3)勉強会の運営

 まちづくりというのは、必然的に様々な制度が絡み、周辺の住民にも関係してくることです。したがって、物事を決定するのに、自分たちだけの考えで進めることはできないと考える方が良いでしょう。
 そう考えると、自分たちだけで全ての作戦を立て、まちづくり事業を進めることの大変さや効率の悪さにも自然に気づくと思います。そこに、市役所の(担当)職員やコンサルタントに入ってもらっていた方が、会議が無駄になることもなく、効率的に進められるようになるであろうことも理解していただけると思います。

 また、円滑に進めていくためには、地域住民には、勉強会でどんなことが議論され、どのような方向に進もうとしているのかを常にわかっていてもらうことが重要になります。
 「まちづくりニュース(かわら版)」や、節目での全体会議等が開催されるのは、そのためなのです。
#コンサルタントから見ると、あまりにも形式的なものも多いのですが(^^ゞ。



 このようにして初めて、「まちづくりが実質的にスタートがした」と言えるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。