まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ブログへの注文
 私の情報機器とのつき合いは生半可ではありません(^^ゞ。

 パソコンはPC9800に始まって、途中Macを経て現在のWindowsに至っています。その機器も、デスクトップはもちろん、ラップトップ、ノート、パームサイズはもちろん、モバイルの機器にも数多く手を出しています。ノートパソコンのHDD交換も自分でやってきましたし、デスクトップのHDDやDVDの交換なども手がけたりしてきました。
 中でも、昔から「どこでも仕事が出来る環境」にあこがれていたので、モバイルには積極的に関わってきました。
#モバイル機器についてちょっと触れておけば、電子手帳から始まり(これはモバイルには入れないとしても)、HP200LX、Pilot、ザウルス(いくつか)、シグマリオンII、IIIなどは一応経験済みで、HP200LXとシグマリオンIIIはなおも現役です。これに携帯電話やPHSも加えることができるかもしれません。
 その間つき合ったOSも、ms-dos、mac-os、windowsは3.1、95、98、ME、NT、2000がありますし、モバイルでは、ms-dos、PalmPilot、ザウルス、WindowsCE,など、となっています。
 もちろん、ソフトウェアについて言えば、もう、どれほどのソフトとつき合ってきているか数えきれません。
 通信環境につい言えば、300bpsのパソコン通信時代から、インターネット歴は、ホームページを開設したのが1996年3月からですから、私が、どんなに「情報化」というものに期待をかけていたか、推測していただけるかもしれません。全く、これに費やした費用と時間はどれほどになるでしょうか?(^^ゞ
#今となれば、もっと違うことに関心を持っていれば良かったと思う程です。

 これまでも、情報環境の変化の激しさにはあきれつつも、親しくつき合ってきているわけですが、その中で、どうしてもなじめないのが、「文字や画面が小さいものが多すぎる」ということです。

 例えば、日本の携帯電話が画一的で面白くないのは昔から言われていることですが、どうして、もっと老人でも使える(老人でも使えるという意味は、情報機器に弱い老人という意味ではないのです。老人になっても使いやすいという意味なのですが。)機器や環境をつくらないのでしょうか?

#携帯電話も、もっと大きくなければインターネットも楽しめません。できればPIM機能も備え、キーボードも一体化したような使いやすいものが考えられないのでしょうか?



 ブログの標準テンプレートの文字は、どうしてあんなに字が小さいのでしょうか?
 字が大きいということ、できれば画面も大きいということは、ユニバーサルデザインの当たり前で基本的な条件の一つだと思っているのですが、意外と出来ていないものなのです。ユニバーサルデザインという言葉の認知度が低いこともその一因なのでしょうか。

#「ユニバーサルデザイン」意味理解している人は58%――国交省調査
 国土交通省は4月4日、ユニバーサルデザインに関するアンケート調査の結果を公表した。同省がインターネットで行政モニターを依頼している759人に対して今年1月に実施したもので、721人(回答率は95.0%)から回答があった。
 認知度についての設問では、ユニバーサルデザインという言葉を知っているという回答が全体の85.6%に上ったが、意味まで知っている人は58.0%にとどまった。意味まで知っている人の割合が最も高かった属性は、地域別では近畿の71.7%、職種別では管理・専門技術職の73.8%だった。
 また、ユニバーサルデザインを配慮すべき分野として、30.7%の人が駅などの旅客施設を挙げている。建築物を挙げた人は16.4%、住宅は5.4%にとどまった。   2005/04/07




 前置きが長くなりすぎました(^^ゞ。

 ブログについても、これまで様々なものに触ってきました。
 以前ブログについて書きましたが、そこでは、「楽天市場」のことはうっかり書きませんでしたが、実はブログを始めた頃には、まだ日記サイトのようなものだったのです。これがいつの間にかブログ風の仕様になっていて驚きましたが、ブログも現在発展途上なのでしょう。
 そんなことを承知の上で、今後期待したいブログ環境について書いておきたいと思います。(◆は特に期待したいことです。)

◆利用可能な容量はできるだけ大きくして欲しい。
 私は、1Gbは最低限だと思います。できれば無制限が良い。
・データのバックアップができるようにして欲しい。
◆標準テンプレートの文字サイズをもっと大きく、見やすくして欲しい。
 現在の殆どのテンプレートは文字が小さすぎます。多分デザイナーのセンスが悪いのでしょう。ブログとはもともとホームページさえ作ったことのない人が使い始めるものだとの認識が無いのかもしれません。
 実は文字の大きさ等は、改訂もできるようになっていることが多いのですが、これらをいじったことのない人には相当敷居が高いことでしょうね。
・テンプレートのカスタマイズの自由度、文字表現の自由度が欲しい。
 動きのあるピクト(goo)、顔ピクト(楽天:顔の表情が良くわからないし、大体デザインが最低)などは、私には不要ですね。
・写真も、複数枚、サイズ自由、大サイズ写真へのリンク等が可能になると良い。
・文章アップ、更新をしやすくして欲しい。
 これも各社まちまちですね。
◆トラックパッドやコメントを確認しやすくして欲しい。
 melma'blogのように、本文に戻らないと確認できないなどは最低です。
◆カテゴリーを選択した場合、RecentEntryに替わるタイトルリストが欲しい。
 これは現在、私が最も期待していることかな?
◆書き込み禁止設定が必要。
 最近、ブログのコメント覧や、多ラックパッド覧にアダルトサイトなどからの書き込みが増えてきました。全く腹が立ちますが、こうしたものを弾くための設定が必要です。このための操作が簡単にできるといいのですが…。
・カウンター等のツール関係も豊富にあった欲しい。
◆ユーザーの著作嫌を尊重して欲しい。
 友人の指摘で気がつきました。あまりにもユーザーを軽視したブログ・サービスもあるので要注意です。


 以上のような希望に最も近いブログサービスとして、私は、現在  FC2 を選択していますが、それでも上記の中で、いくつかの不満があるのです。

 インターネット時代にあって、今後ブログは、個人が社会とコンタクトする重要な手段の一つになることは間違いないでしょう。
 一方で、それを閲覧する機器の方も改良して欲しいものです。その意味では、ブログも見られないような携帯電話では困ったものですよね。MP3プレイヤーやデジカメ代わりになっているだけではなく、携帯電話も早くインターネット時代に対応したものになって欲しいものです。
新型のFOMAのように、徐々にそれも改良されていくのでしょうが、なかなかそうならないということは、それを期待している人は圧倒的に少人数なんでしょうかねぇ。
#それまで利用してきた環境を周囲に併せてグレードダウンせざるを得ないということを、今までも何回か経験してきていますが、早くそんな思いをしないようにしたいものです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。