まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プロポーザル・コンペ雑感(1)
 このところ、事業者を選定するために、プロポーザル・コンペが実施されることが多くなっています。
 当社も、このところ立て続けに以下の3件のプロポーザル・コンペに係わりました。つまりコンペに応募する側、審査する側としてです。

(1)○市:ある土地利用調査へのプロポーザル・コンペへの応募
・市から4社の指命で応募を要請されたもの。
・いくつかの要求事項について、考え方の提示を求めるもの。
・調査の内容自体は、ほぼ決まっている。

(2)△市:ある地区の開発に係る事業者選定のためのプロポーザル・コンペへの応募
・市から、ゼネコン・コンサルタントなどにプロポーザルの応募が要請されたもの。
・事業の内容が概ね検討済みとなっている。
・法人としての過去の類似事業に係わった実績、調査の体制、進め方についてのコメントを求めるもの。
・当社は、ある企業に対する協力者として応募したもの。

(3)□市:ある地区の開発に係る事業者選定のために事業計画提案を求めるもの(主催者側のコンサルタントとして)
・一定の条件を明示して、事業計画提案を求めるもの。
・地区整備計画及びそれを支える事業収支計画等を求めるもの。

 こうしたコンペに係わってみて、改めて感じることがありましたので、私の考えを書いてみたくなりました。

 (民間も同様ですが)例えばある市が委託事業者を選定する場合、いくつかの方法が考えられますが、ここでは、プロポーザル・コンペを中心に、関連して必要と思われる事項に限定して書いていきたいと思います。

【競争入札】
 最も少ない経費で委託業者を選定する場合、「競争入札方式」は通常に行われている方式であり、一般の人々にとって、最適の方法と考えられるかもしれません。
 事実、横須賀市では、インターネット入札方式を採り入れて市財政支出を数十億円削減したことが、以前新聞等で報じられたことがありました。(出来上がりの「質」を問わず)ただ安くあげるだけならこれほど最適な方法はないかもしれません。
 まあ、良い仕事ではなく安く上げること(「だけ」とは言いませんが)を期待するなら、どんどんこの方式を採用するのが良いだろうと思います。

【特命方式】
 競争入札に対して、「随意契約(略して随契)方式」というものがあります。これは、発注者が、この事業を実施するのに最適だと考えられる事業者と契約を行うものです。
 一般的には、契約費用はかなり高額になると考えられているのでしょうが、実際には、担当部局が費用を設計し予算編成のため財政部局に上げていった費用から○割カットされて予算化されているわけですから、そう高額になるわけではありません。しかし通常は、競争入札の金額より高くはなることが多いと考えられます。
 当社のこれまでの契約は、殆どがこの方式でした。それも「これしか予算がなくて申し訳ないが、この調査を発注したいので受けてもらえるだろうか?」との打診付きです。決して十分な費用とは思えませんが、そう言われて断れますか?コンサルタント冥利に尽きるというものです。限られた費用であっても最大の結果を出してあげたいと考えるものです。
#競争入札にこんな気分が生じるわけありません。
 しかし残念ながら、今や、特命方式で業務契約が行われることは、まずありません。
 当社がこの業務に魅力を感じなくなった大きな理由の一つとして、こういう事情があります。

【(プロポーザル)コンペ方式】
 発注者としても、競争入札で事業者の選定することはまずいと考える場合があります。発注者が重要視している事業などの場合です。
 こうした場合、現在では特命方式が問題視されがちなので、より公明正大に事業者を選定しうる方式と考えられ、検討されるのがコンペ方式となります。そして厳密にコンペを実施しようとすると、審査する側も、応募する側もかなりの作業量が必要とされることになるため、より簡単に事業者を選定しうる方式として「プロポーザル・コンペ方式」が実施されるようになってきたのです。
 現在、これに変わりうる事業者選定方式があると考えられないので、私個人としてもこれを否定するものではありませんが、問題なのは、そのやり方が問題だらけだということです

(ちょっと長くなりましたので、続きは次に)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。