まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コンサルタントをつかまえる
(1)コンサルタントをどう探したらよいか

 まちづくりを考える人は、普通、自分達だけでそれを進めようとは考えないと思いますが、商店街のまちづくりなど、組織を牽引する人々は、比較的自分に自信をお持ちの方達が多いようです。実は、そういう(誤った)自信が、まちづくりをややこしくし、頓挫させていることも多いのです。
 例えば、まちづくりのイメージを構想するのに、知り合いの一級建築士に安易に頼んだりしていませんか?一級建築士と言ってもそれぞれの力は歴然としているものですし、それぞれの得意分野もあるのです。何らかのコンペを実施してみれば、そのあたりの差はすぐにわかるでしょう。それに、十分な検討もしないで作成するそんなイメージなど「百害あって一利なし」だということを判ってください。
 普通、商店街のまちづくりをお願いするのに、あきらかに専門の異なる人に依頼することなんて、どなたも考えないでしょう。やはりコンサルタントは最もふさわしい人を慎重に選んで欲しいものです。

 別のところで改めて書こうと思っていますが、一言でまちづくりコンサルタントといっても、専門家から見れば、様々な分野があり、同じ問題に対しての取り組み方も様々なのです。私に言わせていただければ、コンサルタントを選択した段階で、そのまちづくりの先行きが見える程なのです。
 しかも、まちづくりの当初は、コンサルタントに依頼する費用すらないことが普通です。そうした中で、知り合いの一級建築士や中小企業診断士にサービスでやって欲しいなどと頼んでも、無意味だということを知って欲しいのです。

 現在、まちづくりへの意識の高い自治体では、コンサルタント派遣制度というのを持つようになっています。初動期では、何とかこの制度を使うことが最も望ましいと考えています。
 それができなければ、せめて、どのようなコンサルタントに依頼できるのか、役所に相談してみてください。関係部署であれば、きっとどなたかを紹介していただける筈です。

(2)どのようなコンサルタントを選ぶか

 実は、これが最も難しいのです。役所に相談して選んでもらったとしても、専門家の目から見れば、「もっと良い人がいるのに…」ということに必ずなることでしょう。本当は、自分を押し売りしない謙虚なコンサルタントに相談できるのが最も望ましいのでしょうが…。

 専門家に頼めば費用がかかるのは当然です。しかし、様々な人件費のことを考えれば、役に立たない素人の人件費より、遙かに効率の良い人件費になる筈です。それに、弁護士費用などと比べれば、今やまちづくりのNPOが乱立している時代でもあり、はるかに安くお願いできる筈です。
 多少の費用は覚悟しなければなりませんが、ねばり強く最適なコンサルタントを選んでください。それこそが今後の成否に係っていると思っていただいて良いと思います。

 そうした費用すら準備できないのであれば、まちづくりは自分たちで苦労しながら進めることを覚悟しないといけないかもしれません。

(3)コンサルタントに何を期待すべきか

 コンサルタントは、今後のまちづくりの戦略を持ち、具体的な戦術を持てる人でなければなりません。
 つまり今後のまちづくりの目標像を持ち、そのためのスケジュールを描き、手順・方法を具体的に提示し、必要な費用をどのように確保できるのかを考えられなければならないのです。
 そうした役割をこそ、コンサルタントに期待すべきです。

 まちづくりには、それができる人がどうしても必要になるのです。
 しかも、まちづくりに係わる人々の意見・考え方を良く把握し動かせる人でなければなりません。
 「何でも私にまかせておきなさい」式の人ではダメですし、「あなた方に言われるがまま動く人」でもダメなのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。