まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
耐震補強工事:9日目
<床の復旧等>

 本日ようやく、室内の復旧ができたようです。
 ただ、まだポールの仕上げ塗装が残っていますが、それはそれほど生活に影響があるわけではありません。
 ようやくいつもの生活に戻ることができたと言って良いかもしれません。一応、日曜日を挟んでいますので、不自由な生活は10日間ということになりましょうか。この工事は通常内部工事を行わないようですが、仮に今回のように内部工事を行ったとしても、不自由な生活が10日間というのは随分助かりました。

 さて、どんな具合に仕上がってきているのか見て回りましょう。



●ポールの足元のモルタル仕上げ


・玄関脇は、犬走りの境界の石があったり、敷石の脇の排水路があったりしますので、ちょっと複雑です。



・難工事だった浄化槽回りもこんな風に納まりました。



・ベランダもタイル割りに合わせて建柱してくれたのでしょうか(まさかそんなことはないと思いますが…)。ぴったり納まっています。


●ポールの頭部周辺の復旧


・浄化槽の箇所の屋根は、一応できているようですね。
・これでペンキの方はどうなるのかな?何となく仮の屋根のような気がしないでもないのですが…。



・霧除けの庇部分は完成のようです。



・ベランダのポールの頭部は、ベランダの屋根(波板)と屋根の庇を突き抜けているのですが、とりあえず庇部分の復旧はできたようです。



・と思っていたら、大工さん、帰る時に、ベランダの波板を架けていってくれたようです。そういえば、しばらくの間休みですからね。


●室内床の復旧


・台所は、周囲の床とパターン合わせをしてくれたようです。
・右側の食器棚周辺の床はブカブカしていたのですが、それらも今回修復してもらいましたので、随分しっかりしました。



・廊下の突き当たりも綺麗すぎるくらいに仕上がりました。
・コーキングもしっかりできています。もちろん天井も同様です。


 実は、この室内の2本のポールの位置は、丁度食品庫を置いていたところなので、それらを改めて検討する必要があります。それは私ではわからないので、我が家のうるさい女性陣におまかせです(^^ゞ。


 今日は、コンクリート打ちから2日目です。コンクリートの本来の強度の8割以上になっている時期ですから、一応、耐震補強の目的はほぼ達していることになります。
 後はいよいよ最後の仕上げ段階(本締め、塗装等)になるのでしょう。明日はコンクリートを乾かすためもあって休みだそうですから、次回は月曜日になります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。