まちづくり?
 このページは、日常の都市計画業務の中で感じたことをつれづれなるままに書き記したものです。  個人的独断的な意見ですのでそのつもりでご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
NIKKEI NETに掲載
 耐震補強工事について、何日か前に記事掲載の取材を受けていたのですが、ようやく下記のような記事が掲載されました。
 「NIKKEI NET」の「住宅サーチ/リフォーム博特集/テーマ別コラム」覧です。



地震対策リフォーム、住みながら短期工事で家族を守る安心を

 耐震ポールを初めて目にすると、「何と大げさな…」と思うかもしれない。平均的な一戸建て住宅の場合、外まわりに5本、家の内部に2本と計7本の、美観を考えるとずいぶん無骨な柱が出現することになる。そして、その費用が415万円と聞くと、二の足を踏んでしまう人も多いだろう。

 しかし、つい先日のように、東京都心でもあわや震度5レベルの地震を一度経験すると、「あれくらいでないとダメかも…」という気持ちになってくるものだ。

 都市計画コンサルタントの平澤薫さんは、近いうちに間違いなく襲ってくる関東地域の大地震のことを考え、今春、自宅の地震対策リフォームを行った。平澤さんは仕事柄、建築については素人ではない。地震対策リフォームを行うにあたって、どういう工法を採用するか、プロならではの綿密なリサーチと考察を行った。

 まず、自宅について、築44年で、その後3回も増改築を重ねているため、構造の実態がはっきりせず、外からはうかがい知れない危険性が潜んでいることが確実、と冷静に分析。したがって、細部の改善の積み上げ方式のような工法は向かないこと、また、比較的大規模な住宅であることに対応した工夫が必要と判断した。

 耐震化にかかわる情報をさまざまなルートで収集した結果、平澤さん宅のような老朽化の進んだ建物の場合に有効な方法として、建物内部に耐震シェルター「不動震」を設置する方法と、建物の外部から支える「耐震ポール」を使う方法の2つが候補に挙がった。

 耐震シェルター「不動震」とは、木造住宅向け耐震補強工法の中でも最強といわれる工法で、部屋の内部に重量鉄骨製の箱型構造物を据える方法だ。このシェルターの内部にいれば、震度7の大地震があってもびくともしないという。

 一方、「耐震ポール」の方は、住宅の周囲に鉄製(またはアルミ製)のポールを設置し、ポールの上部で2階の床を支える梁に緊結することによって、阪神淡路大震災の際にも数多く見られた2階建て家屋の1階部分の「足払い倒壊」を防止するというもの。

 最終的に平澤さんが後者の「耐震ポール」を採用すると決めたポイントになったのは、次の3点だった。

 まず、費用面でのメリット。具体的に検討してもらった結果、耐震シェルターの工事費用が590万円かかるのに対して、「耐震ポール」の方は415万円と3割ほど安かった。

 2点目が、工事期間が短く、しかも、通常こうしたリフォーム工事の際に避けられない、工事中の一時転居が不要で、そのまま住みながら工事ができること。平澤さん宅には高齢の母親が同居しているので、できるだけ日常生活に支障をきたさないで、短期間で簡単に工事を済ませたいという事情があった。

 そして、3点目が、地盤は軟弱地盤でなく、耐震ポールの効果が十分期待できるとあらかじめ分かっていたこと。

 工事は、事前の詳細調査を1日かけて行い、工事着工はその1週間後。工期は12日間と他工法に比べてかなり短かった。そのうち、平澤さんがより安全性を考慮して行うことにした内部工事(室内に2本建柱)のため、多少日常生活に支障が出たのは10日間ほどだったという。ただし、本来この工法は、鉄骨を梁に緊結する工程で内部工事が発生するが、外部工事が主なので、日常生活への影響はほとんどないそうだ。

 工事を終えた平澤さんの感想は、「特に、今の住まいを建て直したいと考えていたわけではないので、耐震補強という形になりましたが、家族の安全を確保するために必要な費用としては決して高いと思いません。ポールが露骨に見えますが、自慢するほどの外観の建物ではありませんので全く気になりませんでした」。

 7月23日の千葉県北西部地震の際にも、地震で棚のものが落下するようなこともなく、何よりも家族が不安なく過ごせたという。

 耐震補強は、「大震災時に、建物の倒壊から家族の生命を守るとともに、震災後の復旧の拠点を確保する大切な事業」と平澤さんは言う。これまでも、阪神淡路大震災、新潟中越地震などが起こるたびに繰り返されてきたのは、「このような事態が起きるとは想定していなかった」という行政サイドや建築関係者の声。

 平澤さんが指摘するのは、「地震ではどのような被害を受けるか全く予測できません。建物の全壊は家族の生命に密接にかかわってくる問題ですが、仮に全壊を免れたとしても、『余震で破壊の可能性がある』と危険診断されれば、そこに住むこともできず避難生活を余儀なくされます。少なくとも家が安全な形で残れば、そこで家族の生活が維持でき、その後の復旧の拠点にもできるわけですから、家をどのような形で残せるかを考えておくことは大変重要だと思います」。

 地震対策リフォームは、「ああ、あの時やっておけば…」とならないよう、第一に考えたいリフォームの一つだ。

リフォーム概要
住居形態: 戸建て
築年数: 44年
構造: 木造
階数: 2階
施工者: シーク建築研究所
リフォーム費用: 415万円

(村瀬さおり)[ 2005年8月9日 ]

スポンサーサイト
耐震補強工事その後
 耐震補強工事後、震度3級の地震がいくつかありました。しかし、気持ちの上では随分余裕を持って受け止めることができました。人間の気持ちなんていうのはおかしなものですね。

 工事の状況を見ていた周辺の方々からも、いくらかの反応がありました。
 耐震ポールというのは、結構認知されていたような気がします。TVでも放映されたことがあるからなのでしょうか?
 しかし、身近なところで話しを聞くことができた何人かの人々は、まず工事費に驚きます。そして、「(そんなお金をかけるくらいなら)我が家はつぶれる物ならつぶれてしまって構わない。そこで死んでももう悔いはない。」とか、「壊れたら建て直せば良い。」という、至って気楽な反応でした(^^ゞ。
#そこで、このページを追加することにしました(^^ゞ。

 でも、ちょっと待ってください。こんなことは考えませんか?



1.大地震時

 地震では必ずしも建物が壊れるとは限りません。しかし、あなたの家が、もしかしたら壊れるかもしれないという心配があるのであれば、是非耐震診断程度は受けるべきです。
 壊れて建物の下になって死ぬのは構わないのかもしれませんが、その時、どんな死に方をするのか考えてみて下さい(^^ゞ。
 即死ならまだ幸せかもしれませんが、建物の下で身体の一部が圧迫されたまま死ぬのがどれほど辛いか考えれば(きっと「痛い」なんてものじゃないですよ~(^^ゞ)、それだけは避けたいと思いませんか?

2.避難時

 あなたが、建物の下敷きにならずに無事に生き残ることができたとして、あるいは、家が壊れないで済んだとしても、残った家が中途半端な形でしか残らない可能性は大いに考えられます。
 家の中がガタガタになってしまうくらいは覚悟しなくてはいけませんが、「余震で破壊の可能性がある」と「危険」の診断を受ければ、そこで避難生活を送ることもままなりません。あなたはその場合、どこで避難生活を送りますか?車の中ですか?避難所になった体育館ですか?
 私は、どれほどガタガタになっていようと、余震で壊れる心配のない我が家で避難生活を送る方を選択したいと思います。家さえちゃんとしていれば、生活用品は何らかの形で使えるものも見つかるでしょうし…。


3.復旧時


 余震が収まって復旧段階に入った時、中途半端な家をあなたはどうするでしょうか?壊れかけた家をどうするでしょうか?雨や砂埃にさらされたものを洗い直して再度使うでしょうか?
 結局は、廃棄物としてどこかに処分せざるを得ないことになるのでしょうか?

 「家が壊れたら新しく建て直す」と簡単におっしゃいますが、そいう家が無数ある非常時に、実際建て直せるようになるまでに、どれほど時間がかかるか考えたことがありますか?
 その場合の家の設計が出来ていますか?そんな非常時に理想の家を建てることなどできるとお考えですか?
 大工さんに頼むのでもプレハブ住宅を造るのでも良いのですが、建設資材が簡単に準備できるでしょうか?しかもそんな時期に手頃な価格で建築することができるでしょうか?

 私は、とてもそうは思えません。いくら望む家の設計を事前に考えていたとしても、そんな非常時には、設計条件が根底から変わってしまうでしょうし、悪くすれば、まずバラックを建てて、それからまた改めて建てる家を検討しなければならないということにもなる可能性が大きいと思っているのです。
 こんな仕事(都市計画や建築)をやっていても、実は具体的には想像することが難しいのです。


4.再建するとしても

 
 仮に再建するとしても、そのためには「崩壊した家の処分」、「建築期間中の仮住まい」を考えないといけません。しかもその時は、あくまでも非常時なのです。
 そして、どの程度の費用の上乗せになるかはあなた次第ですが、現在の家と同程度の家を造るだけでも、通常の新築の何割増しかを考えざるを得ないでしょう。それも、おそらくは、乏しい資材・乏しい施工業者の中での工事になるはずです。建築の苦労は平常時の比ではないことは容易に想像できると思います。

 我が家では、新築を考えたらとても今の広さを確保できるような資金が用意できませんので、この家をずっと長持ちさせようと決心しています。それだけ今回の耐震補強工事の決断はしやすかったかもしれません。
 しかし、視野を少し広げて考えてみても、建設業が最大の廃棄物創出産業であることを考えれば、安易に新築を考えるより既存の建物の修復で過ごす方が世の中のためになるかもれません(建設業の振興やGDPの増大には貢献できないかもしれませんが)。

      *   *   *   *   

 今まで、「耐震補強なんて…」とか、「そんな費用をかけるくらいなら…」と、少し小馬鹿にして考えていたあなたも、もう少し真剣に耐震補強を考えてみたらいかがでしょうか?

 そしてその際是非考えていただきたいのは、あなたが選択しようとするその補強方法が、「大地震時に、それが本当にあなたの財産、家族の生命を守る補強になるのかどうか」という点です。

 世の中には、私が見る限りでもあまりにも怪しい補強が多すぎるような気がします。中途半端な補強では、あなたの望むような結果には決してならないでしょう。
 是非、確信を持って安心を感じられる補強方法を検討して欲しいと思います。
 ここで書いてきたことをじっくり考えていただければ、どのような工法を選択しようと、決して高すぎる費用ではないと思うのです。

 
耐震補強工事を終わって
<耐震補強工事を振り返る>

 老朽化の進んだ我が家の耐震補強は、私にとっては長年の課題でした。
 しかし、当時知っていたどの方法も、基本的には工事が大変ですし、しかも、補強されたといっても、どの程度強度が上がったのかわからないようなものでした。特に、我が家のように基礎から疑問がある場合には、どのような補強を行っても安心できるような状態になるとは思えなかったのです。

 しかし、友人達でつくるML(メーリングリスト)に相談を持ちかけてから状況が変わってきました。様々な方法があることを知るととともに、その中でも信頼できそうな工法にも出会うことができたのです。

 結局、我が家ではシーク建築研究所の「耐震ポール」を使うことになりました。これを決断するに至った理由は既に書いていますが、今回、我が家で耐震補強工事を実施できたのは、この耐震ポールに出会ったのが大きかったと考えています。

 工事実施後、改めて感じている「耐震ポール」のメリットを、私は次のように考えています。

●既存の建物の外部に、新たに耐震構造物を付加するわけですから、強化された状況が明確に理解できる。
 我が家の場合、耐震の前提となる「基礎」が不安だったのですから、この方法はまさにうってつけのように思えました。
 また、その構造的耐力も、限界を超えた場合一気に崩壊するわけではなく、かなりの粘りがある筈だということも、この工法が良いと思った理由です。

●工事期間が極めて短い。
 我が家の場合は、この工法の通常例より長い方だと思いますが、それでも検討を始めてから工事終了まで70日ほど、実質工事日数は12日です。
 これだけ短期間で実施できる工法は、後は「外部ブレス」くらいじゃないでしょうか?

●その間、日常生活への影響が殆どなくて済む。
 我が家では、より安全性を考慮して、あえて2本を室内に建柱しましたが、通常は日常生活への影響は殆どない筈だと言って良いでしょう。
#点検口工事や内部金具の設置は必要になりますので、その際は室内に入る必要があります。

 一方、私の感じるデメリットは次のようなものです。
・ポールが建物の外部に現れる。
・相応の費用がかかる。


 しかし、新築が必要な程ではなく、それほどのお金も用意できない中で、家族の安全を確保するために必要な費用としては、決して高いと言わなければならないほどの金額とは思いません。また、自慢するほどの外観の建物ではありませんので、ポールが露骨に見えることなど全く気になりませんでした。

<耐震補強の効果>

 ところで、耐震ポール方式における補強工事の効果はどのように見込まれているのでしょうか?
 シーク建築研究所の耐震診断報告書から主要な結果を抽出してみましょう。

            耐震補強前     耐震補強後
●総合評点      0.7未満    1.0以上1.5未満
 X方向        0.38      1.11
 Y方向        0.58      1.32

注:総合評点の目安
 1.5以上:安心です。
 1.0以上1.5未満:一応安全です。
 0.7以上1.0未満:やや危険です。
 0.7未満:倒壊又は大破壊の危険があります。


●動的解析の結果による最大層間変位:弱いX方向について
            耐震補強前     耐震補強後
δ(cm)
 2階          3.78      8.27
 1階          1.32      1.99
rad(1/X)
 2階          1/76      1/35
 1階          1/33      1/171

注:動的解析の前提となる入力加速度は400ガル。加速度波形は通常あり得ないようなかなり厳しい条件(詳しいことはわかりません(^^ゞ)で想定したものだそうです。また、この動的解析まで行っている耐震工法は他にはないのではないか、とのことでした。

 変位量(cm)については、補強後は1階部分の変位が少なくなり(約10cm→2cm)、2階部分の変位が大きくなります(4cm→8cm)が、全体の変位量はもちろん小さくなります(14cm→10cm)。これは2階の床までは地震力が直接伝わることになる結果ですが、2階の上は屋根荷重だけですから、十分耐えられるだろうという考え方です。
 また、変位角(1/Xrad)についてももちろん、全体的に小さくなっています(Xの値が大きい方が変位角は小さい)。特に重要なのが、1階部分の変位角です。補強前は1/33となっていますが、この33が30以下になると倒壊する恐れがあるとの判定のようです。つまり、補強前は2階の変位角は比較的小さいのですが、加重のかかっている1階部分の変位角が大きいので倒壊の危険が大きいというわけです。この場合、補強後は2階の変位が大きくなっており、その変位角数値もかなり高いように見えますが、上の荷重が屋根だけですので倒壊の心配はない。という判断がされているわけです。

 今回の分析結果を通じて、木造の耐震診断においては、通常言われる「地盤・基礎」「壁量(水平抵抗力)」「老朽度」の他に、「重心と剛心の一致(偏心)」、さらに動的解析による「変位」などが、木造の耐震性に関して重要な判断要素になることを知りました。
 また、建物の一部分を強固にすることによって、逆に他の部分により強い地震力がかかることにもなり、耐震性の高い建物とするためには、全体としての強さのバランスが重要であることを知ることもできました。
 私にとっても結構勉強になった今回の工事でした


<最後に>

 耐震補強工事を行っている事業者に直接聞くと、実際に耐震補強工事をしている家は、いろいろ放送されている現状から見ると意外と少ないように思います。
 しかし、近いうちに大震災が来ることは確実だと見てよいでしょう。その際の「安全」のために、どのような覚悟をするかはそれぞれの家族の考え方・事情によるのでしょうが、地震対策の大きな一歩として、まずは耐震補強工事が進められるよう願っています。

 なお、本工事は私にとって十分満足のゆくものでした。工事を直接担当された齋藤建設、構造設計・工事指導等のシーク建築研究所の方々には感謝したいと思います。

PS
 その後、2005年4月11日7時半頃、千葉県北東部地震がありました。横浜では震度3とのことですが、建物内2階にいたのですが、実感としては震度2くらいでしょうか?これが我が家の地盤状況のせいなのか、耐震補強のせいなのかは判りませんが、今までの揺れとは多少違っていたような気はします。建物が揺れるときのグラグラする感じは全くなかったということでしょうか?「地盤と一緒に建物が揺らされているという感じ」と言えば判ってもらえるでしょうか?相変わらず2階の屋根は相変わらずの揺れのような気もしましたが、不安感は全くありませんでした。
 まあ、免震や制振ではないので、揺れが小さくなるわけではありませんから、揺れるのは仕方ないですね(^^ゞ。

 さらにその後、2005年7月23日16時半頃、千葉県北西部地震がありました。震源の深さは約90km、地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されるようですが、我が家では震度3~4程度と思われます。カミさんはオロオロしていたようですが、娘や義母は何の不安を感じることもなく過ごしたようです。実際、地震により棚のものが落下するなどということも全くなく過ごせました。
耐震補強工事:12日目(工事完了)
<工事完了・引き渡し>

 この耐震補強工事は、いよいよ本日が最後になりました。

 実質的工事日数12日。延べ日数では17日(休日等含む)の工事となりました。
#これを長いと見るか短いと見るかは人それぞれでしょうが、「これだけの大工事の割には短かった」というのが、私の感想です。

 最後の検査ということで、シーク建築研究所の方が来て、点検口からの内部の様子等を確認・検査し、写真を撮影していました。
 
 工事担当の齋藤建設の方からは、工事費内訳書と請求書について説明してもらい、書類を受け取りました。
 当初は、台所天井のやりなおしや梁の補強までは見ていなかったのですが、予算以下で済んだ部分がありましたので、プラス・マイナスで当初予算内に収まりました。これは嬉しい誤算です。

 本日の工事は、以下のような箇所を含む最後の仕上げですね。
 
 これで、「こちらの振り込みが終われば、この工事も終了した」ということになるようです。


・ポールの足元に、根巻きコンクリートとの境界部にコーキングを施してくれました。
・これは、ポールとコンクリート境界部に雨水などが溜まり、錆の原因とならないよう配慮してくれたものです。



・こんな具合に、浄化槽脇の屋根も全て完了です。


耐震補強工事:11日目
<ポールの塗装完了>

 本日の工事では大きな変化は感じられないかもしれません。残りのポールの塗装を完了するだけですから…。


・玄関脇のポールはこんな雰囲気で完了しています。
・ポールにアルミのカバーをかけたりする方法もあるようですが、我が家は至って簡単で、外壁の色に合わせて塗装をしてもらっただけです。




・波板の屋根の部分がどうなっているか気になったので浄化槽脇を見たのがこれです。
・この後波板屋根が戻される筈です。


 外部のポールの何本かは空調の室外機のあった位置に建柱されたので、空調の室外機は元の位置から少しずれた位置になってしまいましたが、これは仕方ありませんね。
 また、本日は張り直した台所天井の照明器具の配置を変更するために、電気工事の方もしていただきました。

 残りの仕事は、屋根の完全復旧(といっても大したことありませんが)と、今回の工事に併せてお願いした部分改修工事くらいでしょうか?明日にはもう報告できるようなことはないかもしれませんね。

 最終的な検査・引き渡しも、7日(木)に決定しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。